土地や戸建てを「高額売却査定」にするための3つのポイント!

この記事をご覧頂いている方は、より良い価格で土地や戸建て、マンションの売却を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合やはり気になるのは「売却したい土地や戸建て、マンションはいくらになるのだろう?」ということでしょう。

 

今回は、
・最も正確に的確な査定をしてもらうには?
・不動産の査定の方法はどうするの?
・実際に提示された査定価格で売却できるの?

など、大切な3つのポイントを紹介します。

これから土地や戸建ての売却査定を受けてみようと検討されている方は是非参考にして頂けますと幸いです。

1:もっとも正確な売却査定をしてもらうには、訪問査定がいい?

訪問査定とは、実際に不動産会社の担当者が土地や戸建てを直接調査し、
物件の状態を細かくチェックします。

その後法務局にて物件の登記簿を取り寄せたり、行政庁にて物件に対する規制、インフラの設備状況なども調査します。
査定価格の算出をしていますので、ネットで済ませる簡易査定より正確な売却査定価格のご掲示が可能です。

より正確な売却査定価格を算出するためには、
できるだけ物件に関する詳細情報を不動産会社に提示する必要があります。

訪問査定を依頼する前には、下記の書類を準備することで高額査定へと繋がります

・地図
・登記簿
・購入時の契約書類、関連書類

※詳しくは「東宝ハウス 担当浦野」までお問い合わせください。丁寧に何でもお答えします。

2:不動産査定の方法

査定の方法は物件の種類や用途によって異なりますが、大きく下記の3つの方法が挙げられます。

【1】取引事例比較法
【2】収益還元法
【3】原価法

それぞれについて、説明致します。

【1】取引事例比較法

取引事例比較法とは、対象の土地や戸建てを同条件の過去の取引事例の価格と比較しながら
市場の動向に合わせて調整を行い、売却査定価格を算出します。

最も基本的な売却査定方法として用いられます。

【2】収益還元法

収益還元法とは、将来的に延びるであろう期待値を算出し、現在の価値と比較。
その点を総合的に判断し、売却査定価格を算出します。

こちらは一般的な土地・戸建て・マンションの査定ではなく
主に投資物件に対し使われる方法です。

【3】原価法

原価法とは、対象の不動産を「もう一度建築した”場合”」の原価を算出し、
建築年数による低下した価値を原価修正し、現時点の価値を推定する方法です。

 

3:≪注目≫不動産は査定価格通りに売れるの?

答えはNoです。

 

査定価格で「不動産を売却できる!」と思われている方が多いようですが、
査定価格は、あくまで目安であり確定の金額ではありません。

土地や戸建てが実際にいくらで売れるかは、売り手と買い手の合意があってこそ初めて決定致します。

つまり、買い手との交渉が難航し期間が延びると売却価格を下げざるを得ない状況が生じ、実際に査定価格より安価で売却する不動産会社は多いです。

 

しかし東宝ハウスでは、査定価格から価格を引き下げて売却はしません。双方に最大限のメリットをご提供出来るよう、WIN-WINの取引仲介を徹底しています。

そこがお客様にお喜びをいただけるポイントであり、
創業40年、無借金経営が出来ている所以の1つかもしれません。

不動産の売却につきましてはどんな内容でも問題御座いませんので
東宝ハウス 担当浦野」までお問い合わせをください。

「売主様第一主義」を掲げる不動産仲介業者の東宝ハウスにて、お客様の住環境のご相談を承っております。
一度ご連絡をいただいたお客様には全力でのサポートをお約束し、何よりも一期一会の素晴らしさを大切にご担当致します。
LINEの無料相談も開始しましたので、不動産売買のご心配事や気になる点など何でもお気軽にご相談下さい。

この記事に関連するサービス

東宝ハウス立川

最新記事